ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 暗くたっていい | main | ゲーテ「親和力 ”何を滑稽に思うか”」より >>
2017.09.06 Wednesday

ゲーテ「温順なクセーニエン ”ルンペン”」より

「友よ、ルンペンはルンペンだ。

 車に乗ったって、馬に乗ったって、徒歩だって。

 だから、ルンペンを信じるな。

 ルンペンのざんげなんか信じるな。」

 

  〜ゲーテ 温順なクセーニエン ”ルンペン” より〜

 

ルンペンを信じるな、と対照的なことを”格言と反省”の中で書いています。

 

「忘恩は一種の弱点である。有能な人で忘恩だったというのを、私はまだ見たことがない。」

 

ルンペンは一般的に浮浪者のことを言いますが、ゲーテは精神的なルンペンのことを言っているのでしょう。

恩義を忘れなくて人として信用できる人=優秀な人

恩知らずで何をやっても信用できない人=ルンペン

 

よく借りをかえすとか、誰それには貸しがあると言いますが、不義理な人は信用できないだけでなく、お世話になった人が困った時に助けないどころか突き落とすようなこともありますね。

ここで、あの時世話してやったじゃないか、、、と深入りすると、結局逆恨みされていいことがありません。

 

因みに、初対面から極端に親しい態度を取る人は要注意とのことです。それは人には距離感というのがあって、距離感は信頼関係の積み重ねで縮まっていくものなので、いきなり近い人は二面性があったりするそうです。

 

✳︎写真はイメージでモデルさんと内容に直接の関係はありません。

JUGEMテーマ:日常

 

コメント
コメントする








 
Powered by
30days Album