ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 夢で見た姿 | main |
2017.09.10 Sunday

スペック史上主義を捨てる

 

モデルさんを撮影していて痛感するのは、身長だとかスリーサイズとかはどうでもよくて、表現や雰囲気が最も大切で、それこそが人を惹きつける人間の魅力でありその人そのものであるということだ。

どんなに外見のスペックが高くても動きやポーズが悪かったり、指示を聞いてくれなかったりすると、写真としてはクオリティが高い作品は生まれづらく、むしろ外見のスペックは高くなくてもポーズや表情がよくて、こちらの指示をよく聞いてくれ、事前のやりとりもよくしてくれて愛想のいいモデルさんの方が撮影が楽しくていい作品が生まれやすい。

それはモデル撮影だけでなく、男女関係どころか一般の人間関係においても同じだと思う。

チームワークがいい、監督やコーチがいいチームは、能力が高い選手が沢山いても仲がよくなかったり監督やコーチがヘボいチームよりいい結果が残せる。

 

カメラだって、画素数やら機能やらカタログスペックに惹かれるものだが、結局のところ総合的な使い勝手や自分にとっての好みの画質であるかどうかが最も重要になる。

 

初心者向けのカメラは初心者に使いやすくできている・・・ことはなく実はピントが合いにくい、ファインダーもピントが分かりにくい、何か設定を変えようとするとメニューボタンを深く潜り込んで行かないと操作できないなどベテランでさえ上手く撮れない、上手く使えない難しいものだったりする。

 

最高機種はその点とても使いやすくできていて簡単に設定が変えられて、ピントも気持ち良いほど合う。そして連写はピカイチ。

その代わり鬼のように重かったり、画素数がとても低かったり、逆に極端に多かったりと、そういう点で一般の人が使うより目的に先鋭化されていたりする。

 

何が自分にとって大切か、自分が幸せになれるか、スペックだけで見ない、しっくりこないものは自分の気持ちに素直に従うことが重要だと思います。

JUGEMテーマ:日常

コメント
コメントする








 
Powered by
30days Album